スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
大切な日
2010-07-05 Mon 21:51




夢の世界に浸り続け


ノート1ページ使っても書き足りない


本日の夢



その中で一番記憶として



残っているのは





15年前21歳でこの世を去った



大切な従弟の夢でした




従弟ですが




当時の私にとって弟の様な




存在でした








夢の中は法事の為



親戚が集まってました









「T君も来るから早めに来たよ」




会話が聞こえる




T君?





夢の中で彼が他界している事を



周りも私も知っている







彼の人生最後の時は




都内の一室でした





誰も知らない間の出来事






命日は






死亡推定時刻で決められましたが




その日が彼の最後の日であったと




確信出来る事が




周囲の人間に起こりました







15年前のある日




それは「虫の知らせ」として




叔母や祖母、彼の友人達そして私に



彼らしい挨拶がありました








法事のシーンと言うのは




祖母の命日の知らせ




だった様です




そしてその数日後に




従弟の命日がやってきます






少し気持ちが離れていた私に




「姉ちゃん今年も待ってるよ」




そんなメッセージなのでしょうか



いえ



「姉ちゃん婆ちゃんの命日


忘れてんだろ?(笑)」



かも知れません(;^_^A アセアセ…





いや…



   間違いない(爆)










「今年も行くから待っててね」





今夜は夢の中で




そう伝えられたら…

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | top↑
| 月夜の独り言 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。